共用化

クルマの販売についてなのですが、クルマのパーツはひとつひとつ開発して行くとなるとやはり単価もけっして安くはありませんので、なるべくであればほかのクルマに使われるパーツをあたらしく開発するクルマにも使うようにすることによって、発売する時に値段を安くするためのコストダウンの方法にすると言うわけです。

 

そうしたコストダウンの方式は今ではいろいろなメーカーがしていますが、メーカー全体のほとんどのクルマがパーツを共用しているメーカーと言えば、軽自動車に強いスズキ自動車があります。そしてそのスズキ自動車のパーツの共用化の減点となったのが、発売当初からクルマのエリートとしてあがめられた存在の「ワゴンR」でした。

 

もともとこのワゴンRからパーツの共用化の歴史がはじまったのですが、それは何故かと言うとこのワゴンRが発売された時期にありました。初代ワゴンRはバブルの爪痕が残されていた時代でもあり、コストダウンによるクルマの販売がされていかなければ行けない改革の時代でもありました。そこでフォルクスワーゲンの工場を視察し、そのパーツの共用化とコストダウンの実態を目の当たりにして、こんにちのワゴンRの販売台数につながったのです。