軽自動車の規格

軽自動車ってどんなクルマ?そんな質問に対して、なかなか正確に答えることができる人は少ないのではないでしょうか。軽自動車ってちょっと小型で、黄色いナンバーのクルマでしょ?きっと、そんな答えが一般的ではないでしょうか。それも、けっして間違いではありません。それでも、これから軽自動車を買おうという方は、もう少し詳しく知っておいても損はありません。

軽自動車に限らず、クルマには法律で定められた規格があり、その規格ごとに様々な税金や料金が変わってきます。それを定めている法律は、道路運送車両法と言います。軽自動車は、日本のクルマの規格の中で最も小さいものです。排気量が660cc以下で、全長3.4m以下・幅1.48.以下、高さ2.0m以下、貨物の積載量が350kg以下、定員4名以下という条件があります。これを1つでも超えると軽自動車ではなく、普通自動車に入ります。軽自動車の規格に収まっていたクルマにパーツを付けるなどして規格を超えた場合には、改造として普通車の登録手続きをしなければならないとされています。

なお、軽自動車という名称がいくつかの誤解を生んでいるそうです。まず、軽自動車だからと言って、けして車体が軽いとは限りません。また、軽油で走るクルマでもありませんので、ガソリンスタンドで軽油を入れないようにしましょう。また、標識などに見られる軽車両には軽自動車は含まれません。軽車両とは自転車やリヤカーのことです。進入禁止(軽車両を除く)という標識がある場合、軽自動車は進入できませんのでご注意ください。