充実した装備

先代のタントや、おなじダイハツ工業から発売されている、有名な『ムーヴ』にも『カスタム』と言うグレードが採用されています。ノーマルモデルと違って、デザインの面で攻撃的なものになっていたり、装備が充実していたりします。
このカスタムをベースにした、特別仕様車が何種類か発売されています。装備に更にプラスする形で、専用のアルミホイールや、トップガラス、シートの採用、オーディオシステムの廃止などが成されています。買い求めやすい価格設定に出来たのも、大きなポイントになったといえるでしょう。
その後も、何度か改良が施されました。タントの売りであるミラクルオープンドアの、足元を照らすことが出来るランプを設置して、夜の乗り降りをしやすくしました。

それまでにあった13インチを廃しし、14インチのタイヤだけに統一しました。
また最新のエンジンのテクノロジーを採用し、燃費の向上もはかられ、平成17年度の基準で75パーセントを達成したのです。