排気ガスについて

earth300

現在、地球ではとあるひとつの問題が持ち上がっています。それがフロンガスや南極の氷が解けること、それから地球温暖化などの「環境汚染」になります。この環境汚染はいろいろなことが原因で起こっていると言われており、人間の身体にとっても決して良くはありません。そして、その環境汚染のひとつの原因とされているのが、わたしたち人間のほとんどが利用することの多いクルマが原因だと言う声があります。

実際のところ騒音の問題やタイヤの不法投棄などさまざまな問題がクルマから引き起こされている事実がありますが、何よりも直接かかわってくるのは「排気ガス」に尽きるでしょう。排気ガスはガソリンエンジン、それからディーゼルエンジンの車からは絶対に出ると言われている有害なガスであります。

そもそもガソリンや軽油がエンジンを活動させているクルマのゴハンになっているわけですから、人間のトイレと同じようにどこからか不純物を排出させなければなりません。それがクルマのマフラーから吐き出されている排気ガスであり、これを吸いつづけると最悪の場合死にいたる危険性もあるのです。そしてその排気ガスが環境を破壊し、空気を汚染していると言う事実があります。