メーカーの取り組み

排気ガスはクルマから吐き出されている有害なガスなのですが、このガスが環境汚染の原因のひとつになっていることはテレビなどのメディアでも何度も取り上げられており、人々の間では有名な話となっています。そうした問題が浮き上がってくるとクルマそのものへの風当たりが強くなるのも当たり前のことになってくるために、そうしたイメージダウンをふせごうと近年、クルマメーカーはいろいろな手段でそうしたクルマから排出される排気ガスの減少と言う課題にチャレンジをしてきました。

その中でまずはトヨタのプリウスやホンダのインサイトなどに代表されるハイブリッドカー、それからハイブリッドエンジンでしょう。これはモーターをアシストのエネルギーで使うことにより、エンジンをなるべくつかわないようにするのです。それからガソリンをまったく使わずに、携帯電話とおなじく充電のみで走ることが出来る電気自動車も画期的なテクノロジーとして知られていますし、タクシーやバスなどの日常的にクルマを使う仕事をする業者が採用しているのが、天然ガスを使ったエンジンのタクシーやバスです。そしてエンジンを自動でストップする機能のアイドリングストップが最近では有名です。