ハイブリッドエンジン

クルマの排気ガスを削減するためのメーカーの対策として、まずはじめに思い浮かぶのは何よりもこのハイブリッドカー、そしてハイブリッドエンジンでしょう。古くはあのトロリーバスがハイブリッドカーと言う位置づけで、ハイブリッドエンジンは日本のハイブリッドカーのリーダー格であるトヨタのプリウスとホンダのインサイトから本格的にはじまったとされており、現在では各メーカーがハイブリッドエンジンの開発をして、軽自動車からミニバン、それからトラックやバスなどにも搭載するようになりました。

完全に排気ガスを出さないわけではなく、あくまでエンジンの負担を減らして排気ガスを少なくするためのシステムとしてこのハイブリッドエンジンが開発されたので、排気ガスを出さないクルマがハイブリッドエンジンを積んだクルマと言うわけではありません。プリウスとインサイトを例に挙げてみると、プリウスもインサイトもエンジンのほかにモーターを積み込んでいるのですが、まずプリウスはモーターでパワーを出してエンジンをそのアシストとして使うようにしています。そしてインサイトはその逆で、エンジンでパワーを出してからモーターをアシストに使用するようにしています。