電気自動車

携帯電話をはじめとして、電気を充電して使用することの出来る家電製品はテクノロジーの進化によって身のまわりにどんどん増えてきました。そしてそのテクノロジーはなんとクルマにまでおよび、完全に電機だけの力で走ることのできる「電気自動車」が日本において発売されるようになりました。

代表的なのが日産自動車の「リーフ」や三菱モータースの「i(アイ)」がそれになります。ガソリンエンジンのクルマと比較してみたメリットはと言うと、やはりそのエネルギーの電気がそれになります。電気だけを使って走ることになりますから、ガソリンを燃やす必要がまったく無いために二酸化炭素の排出が同じようにまったくありません。テクノロジーとしてはずっと昔から存在していたものなのですが、ガソリンエンジンに押されてそのテクノロジーは衰退していました。

しかし近年になってリチウムイオン電池を使っての量産に成功し、こうしてクルマに搭載できるようになったのです。ですがデメリットももちろん存在しており、電気だけを使うので事故で水没したときに電池がショートして爆発する危険性がありますし、電池の値段も高く、さらに充電のためには長い時間待たなければいけません。