アイドリングストップ

クルマから排出されている有害なガスである排気ガスを止めるためには、シンプルに考えてみてエンジンを止めてしまえば良いだけの話です。しかし、いちいち信号待ちや一時停止などでエンジンを切るというのは逆にガソリンを消費してしまいますし、面倒くさいものでもあります。そこでメーカーが考え出した対策としては、エンジンに自動でそうしたエンジンをストップさせることが出来るシステムを取り付けることでした。それが今テレビのコマーシャルなどで見かけることのある「アイドリングストップ」システムになります。

市販のクルマにおいてはマツダ自動車がよくコマーシャルで流しているのを確認することが出来ますし、もちろんマツダ以外でもトヨタや日産などのメーカーが今では当たり前に作用しています。それ以外では市営のバスなどでアイドリングストップの運動をしているのを見かけることも出来ます。ではこのシステムはいったいどのようなものであるのかと言うと、そのクルマが一定以下のスピードになると自動でエンジンを止めるというものであり、アクセルを踏み込むなどの発信に関する動作をセンサーが感知して再始動をすると言うものがアイドリングストップになっています。