個人の取り組み

クルマのメーカーがいろいろ排気ガスに対しての対策を練っているのですが、それ以上にクルマを使うのはクルマのメーカーの人たちよりも一般のユーザーがそうでしょう。そうした一般のクルマを使うユーザーが対策をしないことでは、いくら排気ガスを減らすためにメーカーが努力をしたとしてもお話になりません。なので排気ガスをなるべく出さないようにするためには、一般の人々による努力が必要になってきます。

まず、クルマを持っている人々はその先陣をきっていかなければなりません。無駄に空ぶかしをしない、エンジンをなるべく長い時間つけっぱなしにはしない、ガソリンを節約するようなドライビングを心がけるなど、こうした小さな努力の積み重ねがクルマにとっても大事なことであり、排気ガスをなるべく出さないように出来ます。

それからクルマに乗らないときは、排気ガスの有害物質から内臓などを守るためにマスクをしたり、交通量の多い道路を避けて歩くようにする、なるべく電車やバスなどの公共交通機関を使うようにするなどと言う対策が必要です。そしてクルマを買い換えるときには、趣味でもない限りはなるべくエコロジーなハイブリッドカーやエコカーを選ぶようにしましょう。