クルマに乗るとき

何よりもまず、クルマに乗るときに排気ガスへの対策をしなければいけないのは明白です。クルマのエンジンがガソリンを燃やして、その燃焼したガスが排気ガスとなってマフラーを伝って外に排出されますので、クルマに乗るときにそうしたガスを吐き出しながら走っているのだと言うことをドライバーは頭に入れておかなければなりません。

と言っても今の時代においてはエコロジーやハイブリッドなどの言葉が浸透しており、クルマのドライバーもクルマに乗るときにはなるべくガソリンを無駄にしないようなドライビングを心がける人が多くなりました。対策としてはまず、信号待ちなどにおいてなるべくアクセルを吹かさないようにすることが大事です。

それからそれと同じようにアクセルを思いっきり踏んで急発進したり、急ブレーキをかけたりすると燃費が悪くなるだけではなく排気ガスの増加にもつながってしまいますのでそれもやめておきましょう。また、誰かを待つために駐車をするときには寒かったり暑かったりしてもなるべく我慢をしてエンジンを止め、アイドリングストップにつとめるのも対策のひとつになります。このようにドライバー1人1人の取り組みによって、排気ガスを減らせるのです。