クルマに乗らないとき

身近な乗り物としてクルマがありますが、世の中の大半の人はこれを1日中使っていると言うわけではなく、クルマ自体を持っていないという人も中にはいます。クルマを持っている人でもエンジンをかけっぱなしにしているわけではありませんし、クルマの中で寝泊りする人もいますがそう言う人たちも同様です。そのように、クルマに乗らないときにも排気ガスに対しての対策を取ることが出来ます。

クルマに乗らないときはたいてい家の中にいるわけですから、エンジンは必ず止めておくことが常識となります。これでまず排気ガスが出ないことになりますが、クルマではなく「人間」と言う立場から見た排気ガスへの対策として、徒歩や自転車で移動している場合になるべく排気ガスを吸わないように交通量の少ない道を選ぶようにするのがまずポイントになります。

それからマスクをすることでもある程度排気ガスの体内への侵入をふせぐことが出来ます。排気ガスはわたしたち人間の身体には有害な物質でありますから、クルマに乗らないときにはなるべく身体の中に入らないようにするための対策をとっておかないと気分が悪くなることにつながってしまいますので、これが意外と重要なことになるのです。