軽自動車について

軽自動車税は、軽自動車とそれに近い車両に対して税を支払う義務が出てくる税制です。故に、支払う義務がある車両のことを知っていないといけません。そうでないと本当に支払う必要があるのかがわかりませんので、しっかりと調べておきましょう。

 

まず、軽自動車と言うのは、小さな自動車のことをいいます。基本的に排気量が660cc以下であることが前提です。また、原付や二輪の軽自動車なども軽自動車税の該当内ですね。電動機付き自転車が排気量125cc以下となる車両が該当無いでしょう。次に二輪の軽自動車は、排気量が125cc以上250cc以下のバイクが該当内になっています。二輪小型自動車は、250ccを超えるバイク、そして小型特殊自動車が、小型のトラクターやフォークリフトなどが該当内となっているでしょう。これに該当している場合は、軽自動車税を支払う必要があるので注意してください。ただし、それぞれ支払う値段が異なるので、しっかりと調べておいてくださいね。

 

このように軽自動車があり、軽自動車税に該当する車両があります。基本的に小さい車体で、排気量が決められた排気量になっている場合に軽自動車税を支払う必要が出てくるでしょう。しっかりと確認しておいてくださいね。