特殊な車両

軽車両税は、原動機付自転車と軽自動車の他にも車両の種類があります。それに該当している場合は、支払う義務がありますので注意してください。

 
この特殊な車両は、地域によっては対象になっていない場合がありますので、本当に在るかを確認してください。また、値段も多少違う場合がありますので注意しましょう。

 
小型特殊自動車があります。これは、農耕作業車とその他の分類に分けることができます。それぞれ値段が違うので注意してください。まずは、農耕作業車ですが、これはトラクタやテイラーなどの乗用装置のあるものです。基本的には、畑仕事に使い、めったに移動のために使いませんね。このような軽自動車の値段は、1,600円となっています。次に、その他の車両ですが、これはフォークリフトやショベルローダーなどのことを言います。結構大きく作業するのに欠かせない車両ですが、これの値段は4,700円と結構高いので注意してください。

 
次に、2輪の被けん引車であるボートトレーラーなどの車両です。自動車などを運ぶあれですが、これは2,400円となっているでしょう。
このように特殊な車両の値段があります。まあ、これらは基本的に持っていない人の方が多いため、考えなくても良いかもしれません。しかし、使うような人は確認をしておきましょうね。