車を手放した時

軽自動車が自分の手から離れた場合、軽自動車税はどのようになるかを説明しますね。
基本的に軽自動車税は、1年に1回支払う義務があります。月割ではないことに注意してください。通知が来るのでそれに合わせて支払えば問題なく軽自動車税を支払うことが出来るでしょう。

 

そして本題なのですが、支払った状態で、一年経過していない場合、その分軽自動車税は戻ってくるかという疑問を出す人がいるでしょう。この場合は、戻ってこないと解答しますね。基本的に、先程も説明したように月割ではありませんので、軽自動車税を支払った後に手放しても、軽自動車税を支払う前(4月1日よりも前)に手放しても基本的には同じです。故に、出来るならば一年使ったほうが良いでしょう。もちろん、軽自動車を獲得した日が4月1日よりも前にした場合は、去年の分と今年の分を支払わないといけない場合があるので、よく考えておきましょう。

 
このように軽自動車を手放した時に、軽自動車税がどのようになるかがあります。よく考えて登録や破棄をしていけないと無駄にお金を支払うことになるので注意してください。まあ、このようなことが起こらないようにお店の人に聞いておくのもひとつの手でしょう。よく考えて行動してください。