スズキ アルトラパン

軽自動車は今の時代においてはミニバンやコンパクトカーとならぶほどの大人気なクルマのカテゴリーとして知られており、日本国内においてはおもにスズキ自動車やダイハツなどがそのトップの座を競い合っている状態になっています。そんな軽自動車市場でおもに若い女性をターゲットにした軽自動車があり、事実若い女性からの注文が多い軽自動車と言えばスズキ自動車から発売されている「アルトラパン」になります。

 

このアルトラパンはどう言うクルマなのかと言うと、名前の中に軽自動車の火付け役の1台となった「アルト」の名前が入っており、アルトの派生車種として誕生したのがこのクルマなのです。名前を呼ばれるときにはただ単に「ラパン」と呼ばれるのがほとんどであり、「アルトラパン」とフルネームで呼ばれることはあまり無いのもひとつの特徴です。

 

アルトラパンは「ゆったり」や「過ごしやすい」と言うコンセプトで開発され、軽自動車の中では割りと大柄なボディですが、その分室内空間もひろびろとしているのがこのアルトラパンなのです。またアルトラパンには淡いボディカラーが多いですが、それ以外にもターボがついたモデルや男性向けのモデルの「SS」も発売されています。