プラットフォーム

a0007_001777

 

今の時代において、不況の中いろいろなところでコストダウン、コストカットが見受けられるようになりました。その方法も非常にさまざまなものになり、企業ごとにそうした努力をしなければいけなくなったと言えます。ですが不況よりも別の理由でコストカットをすることもあります。それが、べつべつのクルマ同士なのだけれども、基本的なプラットフォームはおなじものであると言うのがそれです。

 

何故プラットフォームをおなじものにするのかと言うと、そうすることでパーツの一部を共通させることが出来ますからプラットフォームが同じであればパーツの融通が利いたりすることがあります。このようにしてプラットフォームを同じにしているのはスズキ自動車のアルトラパンもそうでありますが、実際にこのアルトラパンとプラットフォームを同じにしているのは同じスズキ自動車のアルトを始め、パレット、4代目のワゴンRがあります。

 

こうすることでこれらのクルマのパーツをおなじものにすることが出来ますからコストもおさえることが出来ますし、前述の通りパーツの融通も利くのでまさに一石二鳥のシステムと言って良いのがこのプラットフォームの共有をしてクルマをつくると言うことです。