マツダへのOEM

クルマでよくある販売技術のひとつに、ほかのメーカーにそのクルマの名前を変えて供給するというシステムがあります。これをOEM供給システムと言い、Original Equipment Manufacturer(オリジナルエクイップメントマニュファクチュアラー)の頭文字3文字を取って名づけられたものです。クルマのほかには家電業界でもこのOEM供給システムが採用されている例もあります。

 

いろいろなメーカーがそうしたOEM供給システムを採用していますが、クルマでの例のひとつがマツダへのOEMをスズキ自動車のアルトラパンがおこなっていることです。マツダへのOEMの際にはもちろん名前が変えられており、本来のアルトラパンと言う名前から「スピアーノ」に変更されており、マツダへのOEMとしてそのスピアーノが発売されていました。

 

マツダへのOEMと言ってもほかのメーカー同士がやっているのと基本的には変わりが無く、アルトラパンもスピアーノも基本的にはまったく同じクルマであると言う考えかたでじゅうぶんです。違うところと言えばエンブレムと名前くらいのものでありますから、どちらで買おうとも同じクルマなので好みの問題と言えます。