横風にはご注意を

軽自動車には乗ってみなければわからないデメリットもあります。そのうちの一つが風の影響を受けやすいということです。トンネルの出口や高速道路などで遭遇する強い風でクルマが一瞬横にグラッと揺れるのを経験された方もいらっしゃるかもしれませんが、軽自動車は車体が普通自動車などに比べて軽量なので、突然の横風など強い風には特に注意が必要です。

強い横風が吹いてくると、運転している人は一瞬ハンドルをとられたか、操作を誤ってしまったと感じることがあります。ですので、横風注意という道路標識があった場合には、落ち着いてしっかりとハンドルを持ち、もし風を受けたとしても慌てないようにスピードを落とすことがとても大切です。また、標識がない場合にも横風が吹いてくる場合だってあります。例えば、台風や低気圧など天候がすぐれない時などがそうです。

軽自動車の中でも、車体が軽いタイプは風の影響で揺れることが多く注意が必要です。また、背が高めのクルマ、例えばトールワゴンタイプやワンボックスタイプなどは、車体が規格のぎりぎりまで大きく設計されている都合上、横から来る風をたくさん車体に受けることになりますので注意が必要です。

高速道路などでスピードが出ている時に強い横風を受けて進路がぶれると、ひとつ間違えると大きな事故につながりかねません。何よりも安全第一です。自分が落ち着いて対応できるスピードで運転されることをくれぐれも守るようにしましょう。