販売終了

どんなにそれが人気の商品であったとしても、どれだけ大ヒットを飛ばしていた商品であったとしても、何十年もの歴史がある商品だったとしても、終わりと言うものは案外あっけないものになっています。販売終了は突然やってくるものであり、コストが開発に掛かりすぎたからであるとか、急激に人気がなくなったりであるとか、会社の倒産が原因でその商品も販売終了してしまったりだとかと言うように理由はさまざまですが、これはいろいろな業界で当てはまります。

 

クルマ業界でもいろいろなクルマが生み出されては販売終了して行きましたが、ダイハツから発売されていた軽自動車のひとつである「エッセ」も今はもう販売終了となっています。ダイハツの軽自動車と言えばほかにもムーヴやミラなどがありますが、そのうちのミラがエッセの後継車種になることが決まってエッセが販売終了となることになりました。

 

2005年に販売がスタートしたエッセでしたが、6年間のあいだにモデルチェンジがおこなわれることは無く、2011年に前述のミラのモデルのひとつである「ミライース」にその座をゆずる形となって販売終了となり、ダイハツのホームページからも姿を消すことになったのでした。