特別仕様車

いろいろなお客さんがクルマを買いにディーラーへとやってくるわけですが、そうしたいろいろなお客さんを自分のメーカーのクルマのユーザーにするために、クルマのグレードをいろいろ用意してメーカー側も待つわけなのです。

 

そうしたところから、普通のクルマのモデルに装備を充実させたり、デザインを変更してみたり、パフォーマンスをアップさせたりなどをして「特別仕様車」として売り出すことが良くあります。これはもともとのモデルにプラスする形で特別仕様車が造られるわけなのですが、スポーティなクルマと一般ユーザー向けのクルマとではだいたいの特別仕様車においてその内容が違うものになってきます。

 

ダイハツから発売されていた軽自動車のひとつである「エッセ」においても特別仕様車は存在していましたが、このエッセの特別仕様車はエッセが軽自動車と言うカテゴリーでありおしゃれなクルマとして知られていましたから、装備を充実させると言った方向性の特別仕様車が発売されました。具体的なエッセの特別仕様車についてはお買い得なイメージを持たせたものになっており、パワードアロックシステムやスモークのガラスが特別仕様車の装備でプラスされていたのです。