モータースポーツ

モータースポーツは日本では下火になっているのが現実のところですが、それでもファンはまだまだいるのもまた現実です。そうしたモータースポーツにおける入門的なカテゴリーのひとつとして、同じクルマを使ったレースの「ワンメイクレース」があります。

 

突き詰めてしまえばモータースポーツの最高峰であるフォーミュラもワンメイクレースのようなものですが、モータースポーツの中でもレギュレーションが厳しいのがこのワンメイクレースであり、メーカーが主催することが多いためにその改造範囲もメーカーが厳しく定めており、自分のテクニックひとつだけで勝負するモータースポーツとなっています。こうしたワンメイクレースの動きはコンパクトカーや軽自動車で多いのですが、ダイハツでも「ミラ」や「エッセ」がモータースポーツの登竜門のひとつとしてワンメイクレースなどを開催していました。

 

とくにエッセはベース車両が安く手に入りますし、そのクルマづくりもシンプルなものになっていたためにチューニングがしやすく、こうしたワンメイクレースなどにかぎらずにモータースポーツの場面で入門カテゴリーのクルマとしてよく使われることがあるのがエッセの特徴のひとつなのです。