車庫証明がいらないことも

軽自動車の場合、普通自動車に課せられている義務が一部、免除されることもあります。地域によりますが、車庫証明もその一つです。

普通自動車の場合、オーナーは警察署に届け出て車庫証明(正確には自動車保管場所証明)をとる必要があります。クルマをどこに保管しているかを申告しなければいけないんですね。その場所は自宅から2kmの範囲になくてはならないという条件があります。賃貸住宅で駐車場を借りている場合は、大家さんに相談して車庫証明をとることを伝えておくひつようがあります。購入した場合はもちろんですが、名義変更をした場合に必要になります。ディーラーなどにこの手続きを頼むこともできますが、1万円かかってしまいます。自分で手続きをすれば印紙代だけですみますが、申請にかかる手間と時間を考えると、なかなか億劫になるものです。

普通自動車と違って所有権の登録をしない軽自動車では、車庫証明が必要ないケースもあります。印鑑登録やご自身のお住まいの地域が該当するかどうかは、全国軽自動車協会連合会のホームページなどで調べることができます。なお、軽自動車であっても、全国の代表的な都市、例えば県庁所在地や人口が10万人以上のところでは普通自動車と同じように車庫証明をとることが必要になることが多いようです。ただし、登録の際に車庫証明が必要な普通自動車と違い、軽自動車の場合は、購入後の届け出で大丈夫です。届け出が必要な場合は忘れないようにしましょう。