高速料金が安い

軽自動車は、税金などの維持費が安く抑えられることが大きな魅力です。それ以外にも、嬉しいメリットがあります。それは、高速道路や有料道路などの料金が普通自動車よりも安いことがある!ということです。

例えば、高速道路。普通自動車の場合、東京ICから名古屋ICの高速料金は、6,900円(ETC割引などを除きます)。これが軽自動車になりますと、5,500円で済んでしまいます。1,400円の差がありますので、およそ2割も安い計算になります。これだけあれば、途中のパーキングエリアでの休憩を少し増やしたり、他の予算にまわしたりすることができますね。ここにさらにETC割引を加えると、普通自動車の場合は5,850円に対して、軽自動車の場合は4,700円になります。ずいぶんお得な料金で高速道路を使うことができます。

高速道路以外にも、海を渡っていくような旅行の場合にはフェリーを旅行に使う場合もあるかもしれませんね。そんな場合も軽自動車の料金が設定されていてお得に使う事ができることがあります。例えば、青森と函館を結ぶ津軽海峡フェリーの場合、普通自動車は一番小さい(6m未満)サイズで21,000円、6m以上になると34,000円かかります。それに対して軽自動車は17,000円です。

首都高速道路のように軽自動車の料金設定がなく、普通自動車と同じ料金が必要になることもありますが、ボディが小さい軽自動車ならではのお得な料金を使うことができるシーンがたくさんあるのは軽自動車オーナーにとって、とても助かりますね。