燃費がよい

軽自動車は燃費がいいというイメージを持っている方も多いと思います。たしかに、燃費がよい軽自動車はたくさんあります。最近では、ダイハツのミライースやトヨタのピクシスなどカタログ値で30km/lを超える低燃費を売りにしている軽自動車が発売され、人気を集めています。

ただ、軽自動車なら全て普通車よりも燃費がいいかというと、そういうわけでもありません。規格の中でめいっぱい室内空間を広くし、荷物の積載量も増やしたセミトールワゴンやトールワゴンはファミリー層を中心に人気がありますが、車体が大きくなってしまうと、どうしても燃費の値は悪くなりがちです。また、SUVなどは燃費よりも悪路で走る性能を考えてつくられていますので、軽自動車といっても燃費がよいわけではありません。

最近ではハイブリッド車の登場などで、普通自動車でもプリウスに代表されるように低燃費のクルマが登場してきました。電気とガソリンを組み合わせるハイブリッドという新しい技術への注目も高く、それらのクルマの販売も好調です。テレビのCMなどで見かけることも多く、エコカーと言えばハイブリッドというイメージが一般的には広まってきています。

そのような中、各メーカーとも改めて軽自動車の原点に立ち返り、生き残りを図ろうとしています。ハイブリッドカーはまだまだ誰もが気軽に購入できる価格ではありません。軽自動車には手が届きやすい低価格で維持費も安くすむという強みがあり、そこに低燃費の性能が加わることで、これからまだまだ活躍の場が広がっていくことでしょう。