軽自動車の種類

軽自動車というと小さい車と一口に語られがちですが、実はたくさんのボディの種類があるのをご存知ですか?

スズキのアルト、ダイハツのミラに代表される一般的なセダンタイプは、燃費もよく運転もしやすいので、通勤や買い物などに便利です。いわゆる軽自動車らしい小型のボディが可愛らしいタイプです。

このセダンよりも室内が広く、荷物の積載量が増えているのが、セミトールワゴンタイプ。ダイハツのムーヴやスズキのワゴンRが有名です。さらに室内空間や荷物の積載量を増やしたのがトールワゴンタイプ。ダイハツのタント、スズキのパレット、ミツビシのトッポなどがこのタイプに該当します。軽自動車は小さくて狭いという常識を覆すこのワゴンタイプは、ファミリー層を中心にいま最も人気が出てきています。

一方、軽自動車とは思えない迫力のあるルックスが魅力のSUV(スポーツ・ユーティリティ・ヴィークル)としては、スズキのジムニー、ミツビシのパジェロミニが代表的です。これらはトルクのあるエンジンで悪路にも強いため、アウトドアにも向いています。やや値段が張りますが、改造などを楽しみたい積極的なオーナーには根強い人気があります。

そして、軽自動車でありながら積載量の大きさが売りで業務用の車両としてよく見かけるのがワンボックスタイプと呼ばれるタイプ。スズキのエヴリィ、ホンダのバモス、スズキのアトレーワゴンなどが該当します。

さらにオープンカーにもなるダイハツのコペンなどスポーティーなタイプもあります。

軽自動車の中にも様々な種類があります。それぞれの魅力を知っていくと、とても面白いですね。