ダイハツ タント

今の自動車業界においては、スポーツカーなどよりもハイブリッドカーや軽自動車、コンパクトカーの売れ行きが好調です。その背景には社会情勢の変化や、景気の落ち込みによるガソリン価格の値上がりなど、さまざまなものがあります。それらすべてが組み合わさった結果、こうしたジャンルが人気となったのです。

 

軽自動車の専門メーカーといえば、ダイハツです。トヨタグループ企業のひとつでもあります。ここが販売している『タント』は、『軽トールワゴン』という位置づけになります。軽自動車の欠点であった、居住スペースの狭さを解消する背の高いデザインをしているのが特徴です。また、ロングホイールベースを使用し、ボディも大きくなっていました。これは、軽自動車の中で発売当時の最長記録を持っています。