タントのデザイン

ダイハツ工業が発売している、『とても広い』と言う意味を車名に持っている軽自動車が『タント』です。現行のモデルは2代目で、そのコンセプトは変わっていません。
ですがデザインは、先代とくらべて女性向けのかわいらしさを持つようにもなりました。希望小売価格は消費税込みの値段に変更されました。

先代からラインナップに加わっていた『タントカスタム』、そして上級グレードともいえる『タントエグゼ』が、この2代目でも引きつづき生産され、多くのユーザー獲得を目論んでいます。

デザイン以外でも変わった点があります。例えば、設計を見直して室内スペースをより広く取ることに成功していたり、インテリアに高級感を持たせたグレードを発売したりなどです。また、軽自動車で初となるセンタービラーレスとスライドドアを組み合わせた『ミラクルオープンドア』を開発しました。これは、タントに動物を乗せるテレビコマーシャルでも宣伝されているポイントです。