広い車内スペース

ダイハツから発売された、新たな軽自動車である『タント』の最大の売りは、なんと言ってもその室内スペースの『広さ』にあるでしょう。

前輪駆動のレイアウトでありながら、2000ミリメートルをほこる広い室内空間と、2440ミリメートルのロングホイールベースは、異質の存在でした。
規格には当てはまるものの、軽自動車としては大柄ともいえるボディが、タントの特徴です。これによって、最大の売りである、広い車内スペースを実現し、『室内空間の狭さ』を解消することに成功しました。

今でこそ、三菱の『アイ』に抜かれましたが、それまではこのタントが最大のホイールベースをほこっていたのです。
さらに、軽トールワゴンとして発売されたため、独特の背の高いボディをしており、室内空間に『広さ』のほかに『高さ』も加えることが出来ています。これによってますますそのスペースがアピールされているのです。