ミライース

時代の流れとともに、世代交代はどんなものにもあります。たとえばそれまで使っていたタオルが古くなったから買い換えようと言うのも世代交代ですし、いろいろなテクノロジーがどんどん進化していくのもこれまた世代交代になります。もちろんわたしたち人間も世代交代がかならずありますが、それにともなってクルマにおいてもスポーツ系などの世代からエコロジーな世代へと代わって来ました。

 

そうした世代交代にともなって装備やメカニズムが変更されたり追加されたりするのはクルマでよくあることですが、販売が終了して後継車種が発売されたりするのも同じく世代交代になるわけです。そのひとつの例がダイハツから発売されていた軽自動車の「エッセ」になります。

 

エッセは2005年から発売されていましたが、2011年におなじダイハツの「ミライース」がエッセの後継車種になることになりました。その理由があってエッセは2011年を持って販売が終了することになり、6年間の歴史にその幕を下ろしてこれから先はそのミライースへと受け継がれていくことになったのです。今はエッセも中古車市場でしか手に入れることが出来ず、ダイハツのホームページでも掲載終了しました。